協調性が診断できます

協調性が診断できます

協調性があるかないかを診断できます。自分を知るための診断や、採用・配属などで協調性があるのかないのかを検査したい方はぜひご覧ください。弊社が販売する「EQPIテスト」を実施いただくと、明確に分かりますよ。

EQPI株式会社EQの登録商標です。

こんな時は「協調性」の診断(検査)をお勧めします

以下のような場合は、協調性があるかないか診断が必要です。

  • 新卒を採用するが、協調性がある人を採りたい
  • 中途採用をするが、協調性がある人を選びたい
  • 他者とうまくやれない、集団が苦手な社員がいる
  • 他者に頼りきりで、単独で行動できない社員がいる
  • 自分に協調性があるのかないのか調べたい

「協調性」診断のお申し込み

以下のEQPIテストをご利用いただくと、協調性があるかないか診断できます。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

EQPIは、人材育成のために開発された信頼のおけるテストです。

なぜEQPIテストで「協調性」の診断ができるのか?

EQPIテストは、EQ(感情能力)とPI(性格特性)を調べることができます。それらの内、PIには「協調性」という因子があり、それがまさに協調性の診断なのです。具体的には、以下の3概念によって評価されます。

  • 協調優先
  • 多様性への対応
  • 説得・交渉
協調性

『協調優先』は自分の考えを通すより協調を優先する姿勢、『多様性への対応』は様々な人と付き合うことができる姿勢、『説得・交渉』は人を説得したり交渉したりすることを得意とする姿勢となっています。これらの総合で、協調性が分かるのです。

ちなみに、協調性は性格ですので簡単には変わらない特性となります。つまり、協調性があるかないかという特徴は、一生ものであるといえます。

協調性が低いことは、デメリットだけではない!

人間の性格は、必ず良い面と悪い面が表裏一体となっています。

例えば協調性が高い人は、他者に対して同調していこうとします。しかしその一方で、孤立を恐れ、単独での行動を嫌う姿勢が見られます。つまり、誰かと一緒に行動したがる傾向が強いといえるでしょう。

逆に協調性が低い人は、独りでも黙々と進めることができます(孤独に強い人だと考えられます)。しかしその一方で、一緒に進めようという意識が弱く、自ら関わろうとしない傾向が強いといえるでしょう。

このように、協調性がないからと言ってダメなわけではありません。協調性について診断したうえで、適材適所の役割分担が重要だといえるでしょう。

※ 協調性については、こちらで詳しく説明しています。

基本的性格特性(Big5)の協調性について説明します。読者対象は、協調性について詳しく知りたい方です。特性を詳しく説明しただけでなく、協調性の高・低による性格の違いについても分かりやすく解説しています。

以上、協調性があるかないかの診断は、EQPIテストでできることをご紹介しました。

EQPIテストを受けてみませんか?

EQPIテスト』は、人間力を調べることができる最新のオンラインテストです。EQ(感情能力)とPI(性格)が数値・グラフ・解説文によって表され、人材育成や配属などにも活用されるほどの、とても精度の高いテストとなっています。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

※ EQはEQ理論に、PIはBig5理論に基づいています。

EQPI検査の結果シートを無料ダウンロード!