基本的性格特性(Big5)の協調性とは?

基本的性格特性(Big5)の協調性とは?

基本的性格特性(Big5)協調性について説明します。読者対象は、協調性について詳しく知りたい方です。特性を詳しく説明しただけでなく、協調性の高・低による性格の違いについても分かりやすく解説しています。

なぜ基本的性格特性(Big5)の、協調性が重要なのか?

「基本的性格特性(Big5)の協調性とは、何を表しているんだろうか?」と考えたために、あなたはこちらのページをご覧になられていると思います。協調性という言葉だけだと、どうしても基本的性格特性における意味については分かりませんよね。

「人間の性格は5つの因子の組み合わせで構成されている」としている理論が、基本的性格特性いわゆる Big5 と呼ばれるもので、その一つが協調性です。つまり、協調性を知ることは基本的性格特性の一部を理解することだといえます。

そこで、基本的性格特性(Big5)を理解するために、協調性にはどのような特徴があるのか詳しくご紹介していこうと思います。

基本的性格特性(Big5)の協調性、ポイントは5つです!

それでは、基本的性格特性(Big5)の協調性についてポイントをご紹介します。全部で5つありますので、しっかりと目を通してください。

基本的性格特性(Big5)の協調性とは何か?

基本的性格特性(Big5)の協調性とは、「他者との関係性を構築する姿勢」と定義されています。もう少し具体的に解説すると、他者とかかわろうとするかどうかという点について、どの程度の高さがあるのかを表しています。

協調性が高く表れる人は、他者とのかかわりを重視しますので、同調しようとします。低い場合は他者とかかわりたがらないので、あまり同調しません。

協調性を構成する概念とは?

協調性は、3つの構成概念によって形作られていますが、具体的には次の通りです。

  • 協調優先
  • 多様性への対応
  • 説得・交渉

協調優先

協調優先という構成概念の定義をご紹介しますと、「自分の考えを通すより協調を優先する姿勢」となっています。つまり、他者の考えを受け入れたり従ったりすることに関係する性格であることが、分かると思います。

この概念が高く出る人は「周りに合わせるのが好き(得意)」で、低く出る人は「自分を貫くことが好き(得意)」であると考えられます。

多様性への対応

多様性への対応という構成概念の定義をご紹介すると、「同じような人とばかり付き合うことなく、様々な人と付き合うことができる姿勢」となっています。つまり、知人関係の偏りに関係する性格であることが、分かると思います。

この概念が高く出る人は「様々な人とまんべんなく付き合うのが好き」で、低く出る人は「素行の良い人を選んで付き合うのが好き」であると考えられます。

説得・交渉

説得・交渉という構成概念の定義をご紹介すると、「人を説得したり交渉したりすることを得意とする姿勢」となっています。つまり、チームワークや他者との調整に大きくかかわる性格であることが、分かると思います。

この概念が高く出る人は「説得・交渉や調整が得意」で、低く出る人は「人と駆け引きすることなく素直」であると考えられます。

協調性の高・低で分かる性格とは?

ここまで3つの構成概念を個別に見てきましたが、それらをまとめて「協調性全体」として見たときの高・低では、どのような性格が分かるのでしょうか? 高い場合と低い場合それぞれについて見ていきましょう。

協調性が高い場合の性格

協調性が高いと、以下のような性格が見られます。

  • 良い面・・・他者に対し、同調していこうとする姿勢を持つ
  • 悪い面・・・孤立を恐れ、単独での動きを嫌う。誰かと一緒に行動したがる

協調性が低い場合の性格

協調性が低いと、以下のような性格が見られます。

  • 良い面・・・独りでも黙々と進めることができる
  • 悪い面・・・一緒に進めようという意識が弱く、同調できない

『性格』の考え方とは?

Big5では、傾向が高いから良いとか低いから悪いという考え方ではなく、高い場合と低い場合それぞれに良い面と悪い面があるとしています。つまり、高・低だけを見るのではなく、良い面が出ているかどうかを確認するのが正しい見方だといえるでしょう。

例えば、『協調優先』が高くて他者との協調を優先する人は、対立することなくスムーズに事が進むと考えられます。しかしその一方で、悪いことであっても流されるまま加担してしまう恐れがあります。つまり、性格は善し悪しが表裏一体であるといえます。

性格は変えられるのか?

心理学の世界では、残念ながら「性格は簡単に変わらない」とされています。厳密には、訓練し続けると変えることは可能だけれども、何十年とかかる場合が多いそうです。そのような理由から、「性格は変わらない」と考えるほうが分かりやすいといえます。

その代わりに、性格は良い面を出すように心がけるべきでしょう。例えば、協調性が高い人は他者に同調しますが、行き過ぎると単独行動ができません。ですので、なるべく単独行動にならないように気を付ければ、良い面が出てくると思われます。

逆に低い人は単独行動をしますが、行き過ぎると協力的ではなくなってしまいます。なるべく多人数にならないようにすれば、良い面が出るでしょう。

このように、性格は変えるのではなく良い面を引き出すように心がけることで、他者と良好な関係を持つことができるのです。

性格を調べるには?

とりあえず簡単に性格を調べるのであれば、ネットで無料のサイトが見つかると思います。ですが、基本的性格特性である Big5 を正式に調べようと思ったら、有料の検査を受ける必要があります。当サイトで受検の申し込みができますのでご利用ください。

まとめ

基本的性格特性の協調性についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

協調性とは他者とのかかわり方のことで、他者を優先するのか自分を優先するのかという点を表しています。協調性が高い人は他者に同調するか、単独行動が苦手です。どちらが強く出るかで、柔軟な人とも頼りない人ともなるわけですね。

一方で、協調性が低く出る人は独りでも進められるものの、同調できません。どちらが強く出るかで、しっかりした人ともとっつきにくい人ともなるわけです。このように、協調性が高くても悪い面があり、低くてもよい面があることを知っておきましょう。

以上、基本的性格特性(Big5)の協調性についてご紹介しました。

EQPIテストを受けてみませんか?

EQPIテスト』は、人間力を調べることができる最新のオンラインテストです。EQ(感情能力)とPI(性格)が数値・グラフ・解説文によって表され、人材育成や配属などにも活用されるほどの、とても精度の高いテストとなっています。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

※ EQはEQ理論に、PIはBig5理論に基づいています。

EQPI検査の結果シートを無料ダウンロード!