EQPI結果シートの印刷方法とは?

EQPI結果シートの印刷方法とは?

EQPI結果シート印刷方法を説明します。読者対象は、結果シートのPDFをA3用紙またはA4用紙に印刷したい方です。ソフトウェア設定のちょっとした工夫で、やりにくいA4用紙への印刷ができることをご紹介しています。

EQPI結果シートの印刷方法とは?

EQPI結果シートを紙で受け取った場合は問題ありませんが、PDFで受け取ることも少なくありません。弊社で受検された方もPDFで受け取ることになります。すると、紙への印刷が必要になることもあるでしょう。印刷された紙なら書き込みがしやすいですからね。

ところが、EQPI結果シートはA3サイズなので、A3対応プリンターや用紙がない場合はA4サイズ2枚か裏表に変えて印刷しなくてはいけません。ところが、A3サイズのPDFをA4サイズに印刷するのは意外と難しいですよね。

そこで、基本的な印刷の仕方だけでなく、サイズを変更しての印刷方法を詳しくご紹介しますのでぜひご活用ください。

EQPI結果シートの印刷方法、ポイントをご紹介!

それでは、EQPI結果シートを印刷する方法についてポイントをご紹介します。最初にA3用紙への印刷をご説明してから、A4用紙への印刷方法をご説明します。

※なお、印刷に使用するソフトウェアは Adobe Acrobat Reader DC です。

A3プリンターでA3用紙に印刷する場合

A3プリンターでA3用紙に印刷するのはとても簡単です。

  1. プリンターにA3用紙をセット
  2. ソフト側でA3プリンターを選択
    印刷ダイアログ
    (ここでは「Canon iP8700」を選択しています。)
  3. [プロパティ]でプリンター設定を表示し、A3用紙に切り替え
    プリンタープロパティ
    (【出力用紙サイズ】をA3に変更。設定画面はプリンターによって異なります。)
  4. 用紙サイズが変更されていることを確認して印刷
    プリンターのプロパティ
    (右側の用紙サイズ表示が、A3に変わっています。)

これでA3用紙に印刷できました。

A4用紙に印刷する場合

A4用紙に印刷する場合は、ソフト側で設定を工夫します。(A3プリンターでもこちらの設定を利用すると、A4用紙に印刷できます。)

  1. プリンターにA4用紙をセット
  2. 印刷ダイアログを表示印刷ダイアログ
  3. 【ページサイズ処理】で[ポスター]を選択
    ポスター印刷設定
    (このままではA4用紙4枚に印刷されます。)
  4. 【ページサイズ処理】で[倍率]を 100 ⇒ 96 に書き換え
    倍率設定
    ([重なり]のテキストボックスをクリックすると、倍率が有効になります。)
    これで、A3用紙1枚がA4用紙2枚に印刷できる状態になりました。
  5. A4用紙2枚またはA4用紙裏表に印刷

これで、A4用紙に印刷できました。

まとめ

EQPI結果シートを印刷する方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

A3プリンターとA3用紙がある場合は特に何の問題もないのですが、A4プリンターしかないとかA4用紙に印刷したい時など、A3用紙1枚のPDFをA4用紙へ印刷するのは意外と難しいものです。ですが、今回ご紹介したやり方でうまくいくと思います。

ポイントは、[ポスター]という割り付け印刷を利用し、かつ倍率を96%にするというところではないでしょうか。なぜか倍率を調節しないと2枚にならないうえに、非常に中途半端な数値を設定するのがなんともややこしいですよね(汗)。

もちろん、他のPDFでも有効な技ですので、ご活用いただければ幸いです。

以上、EQPI結果シートを印刷する方法についてご紹介しました。

EQPI検査を実施してみませんか?

弊社では、EQを測定する方法として『EQPI検査』をご提供しています。感情能力(EQ)だけでなく性格特性(PI)も測定できる最新の検査です。

EQPI検査(テスト)の法人・団体お申し込みの方法をご説明いたします。EQPI検査のお申し込みの流れを確認なされたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料検査についてもご案内しています。
EQPI検査(テスト)の個人お申し込みはこちらです。EQPI検査のお申し込み方法をお知りになられたい方は、こちらのページでご確認いただけます。一般受検以外に、学割受検もございます。

EQPI検査の結果シートを無料ダウンロード!