EQテストのお申し込み

EQテストのお申し込み

EQテストのお申し込みはこちらです。 EQテストを受けたい方や検討している方は、ぜひご覧ください。団体・法人だけでなく、個人での受検も可能です。EQテストの方法として、弊社ではEQPIテストをご案内しています。

こんな時は「EQテスト」をお勧めします

以下のような場合は、EQテストの実施・受検が必要です。

  • 新卒採用や中途採用するが、EQが高い人を採用したい
  • EQを診断して、配属の参考にしたい
  • 部課長に相応しい人を見つける判断基準が欲しい
  • 就活をする(している)ので、EQテストを活用したい
  • 自分のEQがどれくらいの高さなのか興味がある

「EQテスト」のお申し込み

以下のEQPIテストをご利用いただくと、EQテストが受検できます。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

EQPIは、人材育成のために開発された信頼のおけるテストです。

EQPIテストで分かるEQとは?

EQPIテストは、EQ(感情能力)だけでなく、PI(性格特性)も同時に調べることができるオンライン受検方式のテストで、両方を合わせたものが名前の由来となっています。

EQPIテストで分かるEQは、以下の通りです。

EQマネジメント力
4構成 12発揮行動
自分理解 自分認識 癖認識 原因分析
他者理解 状況把握 共感 対人分析
自分活用 平静 創出 実行
関係構築 心開 気配り 動機づけ

これらの能力が高い人は、対人能力が高く人付き合いが上手であるといえます。例えば、話をする際に自分の話したい気持ちを抑えたり相手の話に傾聴したりと、単に話したいことを話すのではなく、相手に対して気遣いができます。

また、EQが高い人は対人能力に優れるだけでなく、人間力が高いといえます。さらに、自ら積極的に行動する人ですので、指示待ち人間とは正反対の性質を持っているといえるでしょう。それだけ、やる気を持って頑張れるパワフルな人なのです。

※ EQマネジメント力については、こちらで詳しく説明しています。

EQマネジメント力とは何かをご説明します。読者対象は、EQマネジメント力の内容について詳しく知りたい方です。基本的な内容を説明しただけでなく、4つの構成要素と12の発揮行動についても詳しく解説しています。

EQPIテストなら性格特性も分かる!

EQPIテストでは、EQだけでなくPI(性格特性)も分かります。なぜ性格も調べるのかというと、EQだけではどうしても説明のつかない部分は、性格の影響を受けている場合がほとんどだからです。つまり、EQだけ調べたのではテストとして不十分なんです。

性格は幼少期に大部分が形成され、一生の間ほぼ変わりません。したがって、人間は性格の影響を強く受けており、それを基礎としてEQが存在するといえます。分かりやすく言うと、性格の発揮を場面に応じてEQでコントロールするわけですね。

このような関係性があるため、従来EQのみのテストだったものが、EQPIというEQとPI の両方を同時に検査する新しいテストに変わった理由です。

EQPIテストは従来のEQテストよりも格段に精度が上がっていますので、ぜひ受検を検討していただければ幸いです。

以上、EQテストのお申し込みについてご説明しました。

EQPIテストを受けてみませんか?

EQPIテスト』は、人間力を調べることができる最新のオンラインテストです。EQ(感情能力)とPI(性格)が数値・グラフ・解説文によって表され、人材育成や配属などにも活用されるほどの、とても精度の高いテストとなっています。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

※ EQはEQ理論に、PIはBig5理論に基づいています。

EQPI検査の結果シートを無料ダウンロード!