EQマネジメント力、癖認識とは?

EQマネジメント力、癖認識とは?

EQマネジメント力の12発揮行動から、癖認識について説明します。読者対象は、癖認識というEQ発揮行動について知りたい方です。癖認識を説明しただけでなく、特徴や推測される行動もご紹介しています。

なぜ、EQマネジメント力の癖認識が重要なのか?

「EQマネジメント力の癖認識とは何ですか?」という疑問を持たれている方が、こちらをご覧になれていると思います。その質問に一言で答えるなら、「自分の気持ちの感じ方、捉え方の癖を知ること」となるでしょう。

ですが、これでは何のことか分かりづらい方もいらっしゃるかもしれません。そこで、『癖認識』とは具体的にどのようなことなのか、EQ検査のスコアが高い人・低い人の特徴、そのような人が取ると推測される行動の例を挙げて、詳しく説明しましょう。

EQマネジメント力、癖認識のポイントは5つあります!

それでは、EQマネジメント力の癖認識について説明します。5つのポイントに分けていますので、しっかり目を通してください。

癖認識とは何か?

『癖認識』はEQマネジメント力12発揮行動の1つで、自身の気持ちの癖を感じ取るために必要だといえます。なぜなら、自分の気持ちがどのようなときに変化しやすいのかを分かっていれば、場に応じた対応がしやすいからです。

この発揮行動のポイントは、誰もが気持ちの癖を持っているところです。具体的には自分の価値観や考え方によって、特定の場面や相手に対して嫌なことを引きずりやすかったり、相手の気持ちに流されやすかったりといったことがあります。

ですので、『癖認識』は心の準備をするためや、嫌なことを未然に回避するために重要な発揮行動だといえるでしょう。

癖認識のスコアが高い人の特徴と、推測される行動の例

EQPI検査で、癖認識のスコアが高く出る方はどんな人でしょうか? スコアが高い人の特徴と、推測される行動の例をご紹介しましょう。

スコアが高い人の特徴

癖認識のスコアが高い人の特徴は、「場面によって自分が感じやすい気持ちを自覚しているため、気持ちの準備をしておくことができる」と言えます。簡単に言えば、自分の気持ちが「いつ・どんな時に・どう変わるのか」が分かっている人だといえるでしょう。

推測される行動の例

癖認識のスコアが高い人は、以下のような行動をとっていることが多いようです。

  • 自分の感情パターンや思考パターンをつかんでいる
  • 物事に取り組む際に、気持ちの準備ができる
  • 軽率な行動をしない
  • 気持ちを調整して対応できる
  • その場に応じた適切な言動ができる

このような行動をとっている方(もちろんご自身も含みます)を見かけたら、「癖認識が高い人だなぁ」と考えてよいと思います。

癖認識のスコアが低い人の特徴と、推測される行動の例

EQPI検査で、癖認識のスコアが低く出る方はどんな人でしょうか? スコアが低い人の特徴と、推測される行動の例をご紹介しましょう。

スコアが低い人の特徴

癖認識のスコアが低い人の特徴は、「自分の気持ちが変化しやすい相手や場面をパターンとして自覚していないため、何度も同じ失敗を繰り返す」と言えます。簡単に言えば、自分の気持ちが「いつ・どんな時に・どう変わるのか」が分かっていない人だといえるでしょう。

推測される行動の例

癖認識のスコアが低い人は、以下のような行動をとっていることが多いようです。

  • 場当たり的な行動をとる
  • その場に必要な気持ちがつくれない
  • 自分の好き嫌いで行動する
  • 場違いな行動(表情や言動)をする
  • 自分自身の行動傾向を知らない

このような行動をとっている方(もちろんご自身も含みます)を見かけたら、「癖認識が低い人ではないだろうか?」と疑ってよいと思います。

参考:EQ発揮行動(癖認識)を伸ばすには?

EQは行動によって変えられますが、『発揮行動』を伸ばすための行動をトレーニングと呼んでいます。なお、癖認識を伸ばす具体的なトレーニング方法についてはアナリストによるアドバイスが必要ですので、有料でのご紹介となります。

弊社では、分析付き検査を受検いただいた方にトレーニング方法をアドバイスいたしております。ただし、企業など団体受検の場合と個人受検の場合では内容が異なりますので、詳しくは検査のお申し込みページをご覧いただくか、お問い合わせください。

まとめ

ここまで、EQマネジメント力12発揮行動の1つである癖認識について、その意味だけでなくスコアが高い人や低い人の特徴などもご紹介しました。基本的に、EQは高い方が良いですので当然ながら『癖認識』も高い方が良いといえます。

『癖認識』は自分の気持ちの癖を知る力だとご紹介しました。人によって緊張すること、嫌だと感じることは違います。そのような気持ちを感じる状況を知っておくことで準備や回避ができますから、ストレスにも関係する重要なEQ発揮行動だといえるでしょう。

ご自身や周りの方の『癖認識』がどのような状態にあるか、ご紹介した特徴や行動と照らし合わてご確認いただければ幸いです。なお、EQPI検査を受検いただければ、数値で明確に知れますのでお勧めですよ。

以上、EQマネジメント力12発揮行動の1つ、癖認識についてご紹介しました。

EQPIテストを受けてみませんか?

EQPIテスト』は、人間力を調べることができる最新のオンラインテストです。EQ(感情能力)とPI(性格)が数値・グラフ・解説文によって表され、人材育成や配属などにも活用されるほどの、とても精度の高いテストとなっています。

EQPIテスト(法人・団体)についてご紹介いたします。法人・団体向けEQPIテストの内容とお申し込みの流れを確認されたい方は、こちらのページをご覧ください。法人・団体のみ可能な無料テストについてもご案内しています。
EQPIテストの個人受検について、詳しい内容やお申し込み方法をご説明いたします。EQPIテストを受検したい方や、興味をお持ちの方はぜひご覧ください。こちらのページでお申し込みいただけます(学割もございます)。

※ EQはEQ理論に、PIはBig5理論に基づいています。

EQPI検査の結果シートを無料ダウンロード!